岩槻が県庁所在地に なっていたかも!!

岩槻駅東口をまっすぐ進み、一つ目の交差点から右斜め方向へ入ると、釈迦如来を本尊として室町時代初期からの寺院である曹洞宗の芳林寺がある。
本堂は現在工事中であるが、境内へ入った右側におもしろい内容の石碑があります。
それを見ると、明治4年の太政官布告で埼玉県の県庁の位置は城下町としてにぎわっていた岩槻とされ、ここ芳林寺に最初の県庁舎が設置されたがまもなく浦和に移転してしまったとのことだ。
理由とされるのが、岩槻町長秋葉保雄氏の話である。
それを見ると、たびたび耳にする「岩槻町は県庁を邪魔者扱いにして追い払ったので浦和に移された」という話は、どうやら違っているそうだ。
藩士で家老格の家柄で剣術の達者な男がいて、廃藩置県後は剣術では飯が食えない。
男は県庁に士官したいと希望するも頭ができないので採用されない。
遺恨に思い毎日のように仮庁舎に出掛けては嫌味を並べては暴れた。
こんなうるさい所へ県庁は置かなくてもよいと、どうやら移転にすることになったという。
諸説あるものの、この話からすれば、この男がいなければ、もしも先見の明が岩槻に少しでもあればその未来は大きく変わっていたのかもしれない。
 ずれにせよ過去に何を学ぶかは大切で、現在の岩槻は時代に取り残されぬよう明治維新と同じくらいの変化が必要になっているのかもしれない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る