この木何の木、気になる木…… 河川敷に立つ夫婦の大木

一つの木にも見える2本の大木
夫婦ながら遠目から見ると大きな一つの木にも見える

元荒川の河川敷に、葉を落としたまま枝を伸ばし、大きく手を広げているかのような同じ種類の大木が二本そろって対になっているように生きている。
まるで夫婦のようにさえ感じる姿である。
通りすがった2人の方に、「これは何という木ですか?」と聞かれたが、答えることができなかった。
どうやら2人とも絵を趣味にされているようで「春になったらこの2本の木を描きにもう一度来たい」と話していた。
たしかに枝が広がる姿を見ても、立派な夫婦の大木である。
人も通らない河川敷内で、これだけ立派に育って残っているのも元荒川の護岸整備が進まずに自然が残せている証しでもあるのだろう。
この2本の木に大きなしめ縄でも掛け渡して元荒川の環境を活かして工夫してみるのはどうだろう。
そうすれば、きっと神聖なパワースポットとして観光客に注目されるのも夢ではないとも思える。
ある地域では、増水時の障害になるとの理由から地域で親しまれていた大木が、河川敷内である理由から住民たちの知らぬ間に伐採処分されてしまったという話も聞いた。
数十年、数百年の年月を重ねて残された地域の資産は、違った視点から光を当てれば貴重な観光資源になりうる。
身近にある当たり前と思っている地域資産を活かすためには、視点を変えてみる工夫が必要かもしれない。
岩槻には歴史や文化、自然、民芸などの資産が数多く点在している。
【編集部・奥山】

夫婦のように2本揃った大木

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る