「城下町岩槻」の社寺仏閣を訪ねて

さいたま市の中で唯一、城下町としての歴史が残る岩槻には由緒ある寺社仏閣が多い。
街の中心部分にありながらもまだ行ってない気になるお寺があったので訪ねてみた。
向かったのは、加倉にある「洞雲寺」。
読み方は「とううんじ」で、約500年続く歴史あるお寺である。
旧16号線からの入り口は分かりにくいが、横山製あん所の向かい側を入る狭い参道の先にある山門は、長い歴史の中での大火や震災などに耐えた建造物で、昭和37年に岩槻市(当時)の文化財に指定されている。
本尊は「お釈迦様」で、平成17年に青森県産のヒバを使って改修された本堂に祀られている。
副住職にお話を伺ったところ、地域の方たちとの交流も大切にしており、お彼岸にあたる、平成30年3月21日(水・春分の日)には3回目となる洞雲寺フェスタを開催するという。
時間は10時~17時まで。11時~12時には、お墓のない方も参加できる合同供養祭も行われるそうだ。
このような地域貢献もあることを初めて知った。花や野菜の販売や子供さんへのプレゼント、飲み物なども用意しているというので、この機会に訪ねてみてはいかがだろう。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る