Spring Will Be A Little Late This Year【ジャズ壱】

春と言えば、近所の猫が「ニャー、ニャー」と鳴く季節。
人間様も愛を語り合う季節なのでしょうか。
小生のような老人には、無縁の話。
さて今日は、そんな甘いムードのLPの紹介です。
「ヘレン・メリル・ウィズ・ストリングス」1955年10月の録音。
ヘレン・メリルは「ニューヨークのためいき」と呼ばれ、バラードを歌うにはこのハスキーな声がまことにチャーミングで、品の良いセクシーな魅力まで感じる。
彼女がセンチメンタルな愛の歌、哀しい恋のバラードを歌う時この声がハマるのです。
私はそこに「哀愁の美」といった情緒を感じる、ヘレン・メリルは「日本人好みの情感」、日本人の民族性という「ものの哀れを感じて理解する心」に通じる魅力を感じて親しみを覚える歌手だ。
もちろん彼女には名唱《ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ》を含む『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』を最高傑作として挙げるのが、妥当でありますが、ストリングスとの共演したこの盤は、ロマンティックなムード、感傷的で甘美な歌声が彼女の持ち味、その魅力を十分に味わえる好レコードだと筆者は思う。
私が選んだ表題曲は、日本語訳すると、「春遠し」となるのかな、フランク・レッサーの代表曲で、ディアナ・ダービンとジーン・ケリーが主演した1944年の映画「クリスマスの休暇」の主題歌だそうですが、私はこの映画を見たことがない。
ダービンが歌った。
あなたがいないから春がなかなか来ない、というバラードだそうで、ヘレンにはピッタリの歌で、歌唱からにじみ出るセンチメントは美しい。
メンバーもハンク・ジョーンズ、バリー・ガルブレイス、ミルト・ヒントンと一流でピート・ルゴロのアレンジも良い。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る