I’ll Remember April【ジャズ壱】

私は、レコード会社でレコードを収集することに今はまっている。
ブルーノート、プレスティジ、リバーサイド、と、有名なレーベルは、こんなところ、この三つのレーベルは、バップ、ハードバップ、モードジャズと、レコード収集家にとってはあまり、おもしろくない。
そこへいくと、ヴァーブ、ベスレヘム、ルーストは面白い、ベスレヘムは、バート・ゴールドブラットのフォトとデザインがいい。
ルーストは、スタン・ゲッツ(ts)、ジョニー・スミス と私のきな奏者がいるからです。
最後に収集してもっとも面白いのが、ヴァーブ、スタン・ゲッツ、オスカー・ピーターソン、タル・ファーロー、バド・パウエル、ディズー・ガレスビー、デューク・エリントン、カウント・ベイシー、ベニー・カーター、レスター・ヤング、ベン・ウエブスター、ジョニー・フォッジス、ハリー・スイーツ・エジソン、ジェリー・マリガン、エラフィッシュ・ジェラルド、ビル・エバンス、アニタ・オデイ、ブロッサム・ダイアリー、など枚挙のいとまもない。
その中から、バディー・デフランコ(クラリネット)のアルバムを紹介します。
私は、クラリネットという楽器の音色が好きだ、昔「すずかけの小道」という曲を聴い
てから、好きになった、木管楽器なので、派手な音はしないが、なにか郷愁を誘うものがある。
その分他の金管楽器からすれば、影が薄い、それにしてもこの音域の狭い楽器をチャーリー・パーカーのように縦横無人に吹きまくるバディー・デフランコはモダンクラリネット奏者としては第一級の人でした。
ヴァーブには多くのアルバムが残されています。
そして、ジャケットも中々センスの良いもので私の購買力を沸かせる一因なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る