Contemporary Records 1【ジャズ壱】

暑い夏がやってきました。
夏の風物詩といえば、花火、蝉の声、お祭り、盥(たらい)で行水、朝顔、金魚、夜店、そして、ハワイやカリフォルニアの紺碧の空に瑠璃色の海。
私の音楽の旬は、ハワイアンでもなく、ビーチ・ボーイズでもなく、ウエストコースト・ジャズです。
カリフォルニア、ロスアンジェルスで生まれたジャズサウンド、やはり夏はこれに限ります。
その筆頭のレコード会社が、コーテンポラリーとパシフィック・ジャズでした。
1950年代のリベラルな白人層に大人気のジャズでした。
かくゆう私もファンの一人です。
その立役者の一人が、ハワード・ラムゼイ(ベーシスト)。
彼が経営する「ライトハウス」で、当時ハリウッドで映画の音楽を生業にしていたジャズ演奏家たちが、夜な夜な集まり、クリエイティブな演奏を続けていました。
それをコーテンポラリー・レコードが録音し、人気を博したのです。
パシフィック・ジャズも同じようなもの。
このアルバムは、その「ライトハウス」での実況録音盤そして、ジャズの名盤の一枚でメンバーが素晴らしい。
バド・シャンク( as&fl)ボブ・クーパー(ts)フランク・ロソリーノ(tb)クロード・ウイリアムソン(p)スタン・レビー( ds)/ハンプトン・ホーズ(p)レッド・ミッチェル(b)シェリー・マン( ds)/バニー・ケッセル(g)1955年6月20日カリフォルニア・ラグナビーチの「ライトハウス」でのコンサート・ライブ。
ウエストコースト・ジャズの旗揚げ公演でした。
特に2曲目の全メンバーにバーニー・ケッセルがソロで演奏するセロニアス・モンクのラウンド・ミッドナイトはこの曲のギター演奏での最高と、そして、ハンプトン・ホーズ・トリオの4、7の曲も彼の演奏の中で、最高とランクされる名演であろうと言われております。
またこの水着の美女のジャケットがお洒落でデザインも優れているし飾ってもいいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る