Autumn Serenade【ジャズ壱】

十一月になり秋も深まり、よりもの悲しい季節になりました。
こんな秋の終焉には、「オータム・セレナーデ」がぴったり、内容は。
「木々の間を通り抜け、秋が彼女のセレナーデに乗ってやってきた。
そのメロディの甘さは初めて聴くほど 僕達が知っている秋のくちづけは、季節の美しい記念品。
歩みを止めて思い出すのは、涙のようにとめどもなく散ってゆく枯葉…………。」
と失恋のもの悲しい歌詞、更け行く秋の感傷に浸りながら聞くのが最高です。
さて、今宵の秋の詩。
情緒豊かな「ビロードの声」と呼ばれたバリトン・ヴォイスを持つ「ジョニー・ハートマン」が、歌心溢れる「ジョン・コルトレーン」のテナー・サックスと共演した傑作アルバム、「John Coltrane & JohnnyHartman」から、「オータム・セレナーデ」を聴いてみましょうか。
さて、「ジョン・コルトレーン」のお話でも、「マイルス・デイビス」のカルテットに在籍していたことが有名ですが、1956年「小川のマイルス」から始まります。あーあのアルバムかと、頷く人は、ジャズの冥界の亡者になってしまった人です。
かく言う、私などは、ジャズ地獄に浸り何十年の亡者、エンマ大王(かみさん)から音が大きいと、ボリュウムを小さくされる、刑罰にさいなまれる毎日、「南無阿弥陀仏」チイン。

John Coltrane and
Johnny Hartman
(IMPUISE)
1.They Say It’s Wonderful
2.Dedicated to You
3.My One and Only Love
4.Lush Life
5.You are too Beautiful
6.Autumn Serenade

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る