編集部へ届いたご意見 激励のお葉書と岩槻の未来像

日頃より弊紙「らうんじ」をご愛顧いただきまして、読者のみなさまにはたいへん感謝申し上げます。
さて、毎号さまざまな反響をいただいておりますが、読者の方より編集部へお便りをいただきました。
その中から、いくつか紹介していきます。

◎編集部への激励のお葉書
小深作の石川さんからは激励のお葉書をいただきました。「いつも楽しく拝読しております」とていねいなご挨拶からはじまるおハガキでは、日頃からお伝えしている情報について「内容の豊富な紙面には感服いたしております」とたいへんうれしい言葉が添えられていました。
毎号のように「もったいなくて全面、完読しております」と書かれていましたが、このようなご意見をいただくと心も身体も引き締まります。
「地域紙として頑張ってください」というお言葉に応えられるよう、今後も紙面の充実を図りたいと思います。

◎岩槻で観光を目玉に
今年1月の弊紙8ページでは「15年後の岩槻」を描く意見記事を掲載しました。
それについて、本町の斎藤さんよりご意見をいただきました。
岩槻の活性化を目指すにあたり、斎藤さんは「観光の目玉を作ること」をいちばんに掲げます。
具体的に提案されたのは「観光ルートとなる生活道路は一方通行にする」ことと、地下鉄7号線延伸がいまだ夢物語である現状を考慮しての「JRとアーバンパークラインを相互乗り入れする」ということです。
夢のままで終わらせないよう「歴史と文化の町をPRして、観光客を呼び込む」ための工夫を求める斎藤さんのご意見ですが、みなさまからの岩槻の「未来像」も引き続きお寄せください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る