発展を遂げる浦和美園駅エリア 岩槻南部の区画整理事業も終了

地下鉄7号線で現在の最終駅、埼玉スタジアムの最寄り駅にもなっている浦和美園駅。
その周辺地域を開発して快適なまちづくりを目指している「みそのウイングシティ」は、4地区に分かれて総面積316・5ヘクタールの特定土地区画整理事業である。
その中で綾瀬川を跨いだ岩槻区内の南部新和西地区(73・8ヘクタール)がこの開発エリアに入っており、昨年、平成29年2月17日にはイオンモールがある浦和東部第二地区と同時に整理事業が終わり現在新しい建物が次々と建てられている。
翌2月18日には尾ヶ崎、尾ヶ崎新田、釣上、釣上新田の各一部が岩槻区美園東1~3丁目の住居表示に変わった。
浦和東部第一地区と大門下野田地区は事業が継続中で、大型病院建設の計画など話も出ており、伝統的な魅力を活かした街づくりを進める城下町岩槻とは対照的な新しい時代にふさわしい拠点づくりを目指しているようだが、それなりに課題も多いという。
岩槻までの地下鉄延伸にもかかわることでもあり、今後も関心を持って見届けていきたい。
【編集部:奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る