最後のチャンスになるのか 地下鉄7号線延伸を問う

岩槻までの地下鉄7号線延伸を望む市民は少なくない。
この街がさいたま市と合併する際の条件の一つと考えてきたはずだ。
弊紙では昨年と今年の新年号で特集記事として、地元選出の衆議院議員である村井ひでき氏へのインタビューも行い、その時々の最新情報を掲載して市民への情報共有を図ってきた。
新型コロナの影響を受けた情勢には不透明感もあるが、だからこそ次の世代に向けた積極的な先行投資も必要になるはずである。
一昨年に村井議員を取材した記事では「国の事業認可の目安となる数字は、これまで試算のたびに低下していたが、国の評価手法を徹底的に研究し試算し直した結果、最大の難問であった採算性の壁を突破できた」とあった。
また、昨年の記事では「採算性の壁は突破済みなので次のステップは、さいたま市と県が先行投資分として負担する全体費用の1/3である287億円の負担割合を決めて、建設・運行計画を立てた上で認可申請を行う必要がある」という旨の発言もあった。
仮に1/2の負担で考えれば着工から完成まで10年計画なので、市の1年間の先行投資額は14億円程度の額だ。
沿線が発展することで何倍もの税収になって貢献できる。
新しく就任された大野埼玉県知事も地下鉄7号線延伸には積極的な発言をしており、さいたま市が「GO」サインを出せば、事業主体となる埼玉高速鉄道も申請が可能となる。 
地下鉄7号線の延伸実現は、さいたま市長や市議会の判断にかかっている状況だが、計画の長期化から来る岩槻区民の諦め感や熱気不足の現状では、このチャンスをものにはできない。
来年春には、さいたま市長選挙も予定されている。
岩槻区全体の発展や次を担う世代の将来を考えて地下鉄延伸の最後のチャンスと考えたら、誰が就任するにしても市長の選挙公約には、岩槻までの地下鉄7号線延伸の認可申請の確約を求めたい。
みなさんも “現状をどう考え、将来のためにどう動くか” 次の世代は見ている。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る