昭和の子どもたち~その4~ 『折り紙と図形のセンス』

~先月号からの続き

するとA君は突然「折り紙をしたい」と言いだした。
正直、算数の学習と無縁に思われる「折り紙」という言葉には「これでいいのかな?」と疑問も浮かんだ。
しかし、迷惑かけず静かにすることを条件に私は受け入れた。
やがて、多角形の内角の和の学習に入ったとき、私は目を見張った。
補助線を引いて考えることなどまだ学習していなかったはずなのに、A君はみずからさっさと補助線を引いて問題を解きはじめた。
その後もA君は図形の学習になると、あっと驚くひらめきをみせていた。
折り紙はA君にとってきっと、図形のセンスを養うのに最適な手段だったのだろう。
初めこそ疑問を持ってい私も、満足していた。
それから20数年後の同窓会で、A君に会うと「コンピューター技師として活躍している」と話してくれた。
その話を聞いたとき、当時の折り紙を思い出した。
この経験からふと、詩人の相田みつをによる「目立たない時は、根が育っているよ」の言葉の意味を私はしみじみと味わった。
       【谷 倫】

折り紙する子供とコンピューターを使う男性

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る