昭和の子どもたち~その5~『時の鐘の音色を巡る昭和と今』

年の瀬ならではの除夜の鐘が鳴り、平成30年の歩みが始まった。
除夜の鐘は、108つもの人間の煩悩を除去し、新しい幸せを求めて撞くともいわれる。
幸いにもわが岩槻では、1日のうちで3回にわたり「時の鐘」の音色を聴くことができる。

《岩槻に、過ぎたるものが二つある 児玉南柯と時の鐘》

岩槻の宝とも言える時の鐘について、私には2つの思いがある。
ひとつは、昭和の時代に鐘の音が、私の身体の中へ浸み込み、心を清らかに穏やかにしてくれると感じたことだ。何をしていても美しい音色は、深く心に刺さった。
ところが今は「もう6時だから時の鐘聞こえるかな? 聞きたいな」と耳を傾けてしばらく聴き取れる。
たしかに鳴ったと気が付きホッとするのだが……それで終わりだ。
そして、もうひとつは昭和の子どもたちを教えていた頃、時の鐘を撞く貴重な体験をさせていただいた。
当時は管理人の方が実際に撞き、そのお許しを受けて、時の鐘を撞かしていただくことができた。
高学年のリーダー格の子に「時間だぞ行こう!」と声をかけて、私たちは時の鐘へと向かった。
とはいえ、私は子どもたち撞いている現場を見ていたわけではない。
しかし、話を聞いた限りではおそらく、ルール・礼儀、自律の中で鐘を力いっぱい撞く体験をさせていただいたのだと思う。
それは彼らにとって、きわめて貴重な体験だったのだろう。
雑多な音で、美しい時の鐘の音色を捉えにくくなった現代は、多様な価値観の中で、自分にとって大切なことを見失いがちだ。
責任もって一打に全力を注いだ爽快さ、鐘を撞く体験をした満足感……。今では懐かしい、昭和時代の子どもたちが体験したことだ。
文明の利器や、様々な楽しいこと、おいしいものが溢れている平成の現代。価値観を見失わずしっかり生きていけば幸せも大きい。
 【谷倫】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る