昭和の子どもたち~その5~『時の鐘の音色を巡る昭和と今』

年の瀬ならではの除夜の鐘が鳴り、平成30年の歩みが始まった。
除夜の鐘は、108つもの人間の煩悩を除去し、新しい幸せを求めて撞くともいわれる。
幸いにもわが岩槻では、1日のうちで3回にわたり「時の鐘」の音色を聴くことができる。

《岩槻に、過ぎたるものが二つある 児玉南柯と時の鐘》

岩槻の宝とも言える時の鐘について、私には2つの思いがある。
ひとつは、昭和の時代に鐘の音が、私の身体の中へ浸み込み、心を清らかに穏やかにしてくれると感じたことだ。何をしていても美しい音色は、深く心に刺さった。
ところが今は「もう6時だから時の鐘聞こえるかな? 聞きたいな」と耳を傾けてしばらく聴き取れる。
たしかに鳴ったと気が付きホッとするのだが……それで終わりだ。
そして、もうひとつは昭和の子どもたちを教えていた頃、時の鐘を撞く貴重な体験をさせていただいた。
当時は管理人の方が実際に撞き、そのお許しを受けて、時の鐘を撞かしていただくことができた。
高学年のリーダー格の子に「時間だぞ行こう!」と声をかけて、私たちは時の鐘へと向かった。
とはいえ、私は子どもたち撞いている現場を見ていたわけではない。
しかし、話を聞いた限りではおそらく、ルール・礼儀、自律の中で鐘を力いっぱい撞く体験をさせていただいたのだと思う。
それは彼らにとって、きわめて貴重な体験だったのだろう。
雑多な音で、美しい時の鐘の音色を捉えにくくなった現代は、多様な価値観の中で、自分にとって大切なことを見失いがちだ。
責任もって一打に全力を注いだ爽快さ、鐘を撞く体験をした満足感……。今では懐かしい、昭和時代の子どもたちが体験したことだ。
文明の利器や、様々な楽しいこと、おいしいものが溢れている平成の現代。価値観を見失わずしっかり生きていけば幸せも大きい。
 【谷倫】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る