政策決定の裏側 その過程を追った

前回までのおさらいとして、これまでは政策問題をどのように捉え、どのような設計手法を用いたらよいかと、事例を挙げながら考えました。
今回は、その政策を実際に決定していく過程を考えてみましょう。

政策問題を解決するための政策案は、基本的に行政機関の担当部局で作られます。
しかし、政策は社会にさまざまな影響を与えるため、担当部局だけで作ることは難しいです。
また、担当部局といっても担当者が数年ごとに配置転換されることも多く、いくら優秀と言われる公務員でも、わずか数年間で制度の内容から理論知まで深めることは困難です。
よって、その道のスペシャリストであることは少ないです。
みなさんも担当者へ何か政策的な提言をした際に「私の方がその分野に詳しい」と思った経験もあると思います。
もっとも、その担当者が研究者のような理論知まで知っている必要があるかというと不要だといわれることもあります。
つまり、その担当者自身が政策設計に高度な理論知が必要になれば、当該分野の専門家を呼んでくればよく、専門家の提言を理解するリテラシーがあればよいということです。
そして、理論知だけでなく、現場知も欠かせない要素となっています。
現場知とは、業界の実態や通例などといった理論で表せない慣習などの知識です。
仮に、旧態依然の業界に自由な競争が必要だと政策案を作ったとします。
ただ、1社だけ経営基盤が強固な状態で自由競争を進めた場合には、他の企業は一気に淘汰されてしまうといった逆効果が起こってしまう可能性があります。
こうした理論知と現場知の両方を補うため、担当部局は政策案を作る前に業界関係者や専門家を交えた審議会を作ることが多いです。
審議会以外にも、研究会・検討会などといった名称が使われることもあります。
また、審議会のように法律に基づいたフォーマルな会ではなく、私的諮問機関として懇談会といったものを作る場合もあります。
そうした、専門家や業界関係者との意見交換から解決のための政策案を検討して、合意形成を図ることも役割として担っています。
しかし、専門家や業界関係者の意見聴取だけでは、不十分です。
政策の受け手である市民からの反応も重要です。
そのため、市民代表を審議会や私的諮問機関の委員に入れることがあります。
ただ、その市民代表が「一般の市民」といえるのかが疑問が生じます。
例えば、特定の団体に属している委員でいれば、特定の団体の意向に沿う発言をすることが考えられます。
また、委員会の委員になる市民は人数に限られていたり、委員会での発言時間が限られていたりすることがほとんどのため、十分とは言い難いです。
そのため、より広く意見を求める手法としてパブリックコメントや公聴会が挙げられます。
平成17年に改正された行政手続法の中でも、内閣や行政機関が案や資料をあらかじめ公示して、広く意見を求めなければならないとして重要な位置付けをパブリックコメントは担っています。
以上のように、政策実施の過程には、たくさんの利害関係者が絡むことになります。
そして、この政策決定の過程で合意形成も図られることになり、さまざまな妥協をして実際に行われる政策案が完成していくことになります。
今回紹介した内容以外にも、国会では官僚と政治家。与党と野党の関係などを調整した上で政策決定がされます。
そのため、政策決定をするということは、一筋縄でいかないことが分かります。
次号は、政策実施から評価方法まで考えてみたいと思います。
【尾舘祐平】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る