想い出…… 昭和の子どもたち〜その1〜

「先生、お久しぶりです。ぼく、小学6年のときに担任をしていただいたO・Tです。
今、参議院議員◯◯の選挙運動で北海道にいます。
全国区は◯◯をよろしくお願いいたします」
ひときわ明るく歯切れよい会話に、にわかには信じがたく「えっ、O・Tくん? 立派になったのね」と答えてしまった。
代議士秘書をしているという凛々しい声が、受話器を通して私の身体中に流れた。
思い返せば、十数年前に小学6年生だったO・Tくんは、小柄で大人しく、足の速い子であった。
ただ、一つだけ問題があった。なかなか登校しなかったのである。
友だちがいなかったわけではない。
いじめられていたわけでもなければ、学校が嫌いなわけでもなかったようだ。
学校での彼は、教室で何かを手伝ったり校庭で遊びたわむれて、放課後に最後までいることも多かった。
勉強は算数が得意で、成績は中の上だった。
その後、クラスの生徒たちが彼の対策を考えだした。
毎朝、二人の“仲間”が彼を迎えに行こうと提案してきたのである。
その仲間の中の一人には、担任の私も含まれていた。
先ずは子供たちだけでやる事にして、実際に始めてみると、楽しく登校する日もあったり上手くいかない日もあった。
それを見た私は、子どもたちには「自然と思いやり、共通の課題意識、協力といった豊かな心が育っていたのだな」と思った。
やがて、O・Tくんはクラスの仲間と一緒に無事に小学校からの卒業を迎えられた。
振り返ると、子どもたちの日常の中にも、自分たちの問題を自分たちで考えて解決しようとする意気込みと時間的な余裕や、大人にも子供のやることを見守る心の余裕があったように思える。
昭和時代のことである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る