子育て日記 「生まれてきてくれて、ありがとう〜前編〜」

1本のろうそくの火を見つめる、娘のキラキラした瞳。
家族で「ハッピーバースデートゥーユー」を初めて歌いました。
1年前の今日、娘は生まれました。
誕生日になるとを誰かに歌ったり、歌ってもらったりします。
もしかしたら、生まれた瞬間のために、この歌はあるのかもしれないと、私は1年前を振り返って、思いました。
当時私の妊婦生活には安定期がなく、入退院や実家での安静生活を繰り返していて、それは出産の当日まで続きました。
初めて入院した時は夏で、退院する頃にはもう秋でした。
24時間点滴に繋がれて、自由にトイレも行けず、お風呂にも入れないような日々だったけれど、とても懐かしい思い出です。
安静生活を乗り越えての出産前夜。
予定帝王切開が決まっていて、初めての手術でもあり、とてもドキドキしてあまりよく眠れませんでした。
窓際のベッドから、夜の静まり返った街をひとりずっと眺めていたことを覚えています。

そして、初めての出産……。

まるで「にゃーにゃーにゃー」と仔猫が鳴いたような、可愛らしい産声が聞こえました。
初めて見るムスメの姿。
この子がさっきまで私のお腹の中にいたのだと思うと、とても不思議です。
何か気の利いた言葉を言おうと思ったけれど言えなくて、ただ、ひと粒、涙がこぼれ落ちました。
その日から「初めて」がたくさんの日々が、始まったのでした。
〜次回・後編へ続く〜
【なっきい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る