夜空を見上げよう 「月を愛でる宙の調べ」

らうんじ【岩槻】特別編集ページtamakoti

9月になり、暑さは残りつつもようやく秋めいてきました。
秋の行事にお月見がありますが、なかでも「中秋の名月」の十五夜は有名です。
窓や縁側など、すすきや月見団子などを飾り、月を眺めるこの行事。
月にはウサギが住んでいるという伝説もありますね。
今年の中秋の名月は、9月13日。
翌日の9月14日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。
「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月です。
農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。
その習慣は、平安時代に中国から伝わったとか。
このズレは、暦に起因します。
太陰暦では、新月の瞬間を含む日が、朔日(ついたち)ですが、今年は8月30日(新月の瞬間は19時37分)が太陰暦の8月1日。
9月13日が太陰暦の8月15日です。
一方、天文学的な意味で満月は「地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間の月です。
9月14日13時33分で、このように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こるのです。
最後に少し、観測用語を紹介しましょう。
「東方最大離角」は、地球から見て、水星や金星が太陽から東側に最も離れることで、太陽から離れる分、見やすいということです。
太陽より東側に離れているので、夕方、太陽が沈んだあとに、西空に見えることになります。
一方の「西方最大離角」は反対に西側に最も離れることで、朝、太陽が昇る前に、東の空に見えることになります。
【さかい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る