夏といえば海水浴 古くは「治療」が目的だった?

梅雨が明けて猛暑の日々が続いています。
この時期のレジャーの代表格は、やはり海水浴ではないでしょうか。
ちなみに私が学生の頃は、海か山かで友人たちが議論をしていました。
山には虫がいるし、海では泳げないし……。
どうやら私はレジャー向きではないようで、うらやましく思っていました。
さて、みなさんはいかがでしょうか。
現在は避暑やレクリエーションの目的ですが、歴史をたどると実は、治療が目的だったようです。
歴史で一番古いのは、旧約聖書にエジプト人の沐浴の記録です。
その後は18世紀の中ごろ、イギリスの医師が、患者を集めて海浜の空気を呼吸し、海水に浸ることへの医療効果を説きました。
一方、日本では古くから「しおあみ(潮浴)」「しおとうじ(潮湯治)」の名前で、医療としての海水浴が行われていました。
さらに「古事記」では、イザナギノミコトが黄泉の国のけがれをとるため海水に浴したという話もあります。
尾張大野の浜で海水を浴びた鎌倉前期の歌人・鴨長明は「生魚のみあへもきよし酒もよし大野のゆあみ日数かさねむ」と詠み、源実朝も鎌倉で医療のために海水浴をしたといわれています。
明治には脚気になった兵士の療養のためにも海水浴がされたといいます。
次第に行楽娯楽として各地の海浜で盛んになって現在の海水浴の形になっていきました。
森林浴、日光浴、そして、実は海水浴。
楽しむばかりではなく、リラクゼーションとしてとらえてみると、また違った楽しみ方があるかもしれませんね。
【tomo・kun】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る