ハッピーバレンタイン

2月といえば、バレンタインデーですね♪
女の子にとっては、一世一代の告白デーです。
男の子にとっては、チョコレートいくつもらえるか、本命の女の子からもらえるか、ドキドキの一日ですが……。
日本では文化として、根づいていますが、本来の起源は少々異なるようです。
その由来はイタリアの都市・ローマにあり、西暦3世紀までさかのぼります。
当時の皇帝・クラウディウス2世は、若者たちが戦争に行きたがらないので手を焼いていました。
それは、家族や愛する者たちと離れたくないと理由からで、皇帝は、ついに結婚を禁止したそうです。
インテラムナ(イタリアの中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みでバレンタインは、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。
それが皇帝に知られ、投獄されたバレンティヌスは、西暦269年2月14日に処刑されました。
今ではそういった歴史をふまえて、「私のバレンタインになって」という気持ちを込めてカードなどが交換されているようです。
命をかけて、人びとの愛を守ったバレンタイン……。
何とも素敵な話ですね。
キリスト教の文化圏からはじまった習慣ですが、日本では、1958年に東京都内のデパートで開かれた「バレンタイン・セール」でチョコレート業者が行ったキャンペーンがはじまりとされています。
日本ではキリスト教になじみが薄いので、本来の意味が忘れられて、セールスに利用されがち。
かくいう私もついその流れに乗せられてしまいます。
義理チョコや友チョコ、自分へのごほうびチョコなど……、みなさんは今年、どんなチョコを買いますか?
【Kuri・chan♪】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る