ハッピーバレンタイン

2月といえば、バレンタインデーですね♪
女の子にとっては、一世一代の告白デーです。
男の子にとっては、チョコレートいくつもらえるか、本命の女の子からもらえるか、ドキドキの一日ですが……。
日本では文化として、根づいていますが、本来の起源は少々異なるようです。
その由来はイタリアの都市・ローマにあり、西暦3世紀までさかのぼります。
当時の皇帝・クラウディウス2世は、若者たちが戦争に行きたがらないので手を焼いていました。
それは、家族や愛する者たちと離れたくないと理由からで、皇帝は、ついに結婚を禁止したそうです。
インテラムナ(イタリアの中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みでバレンタインは、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。
それが皇帝に知られ、投獄されたバレンティヌスは、西暦269年2月14日に処刑されました。
今ではそういった歴史をふまえて、「私のバレンタインになって」という気持ちを込めてカードなどが交換されているようです。
命をかけて、人びとの愛を守ったバレンタイン……。
何とも素敵な話ですね。
キリスト教の文化圏からはじまった習慣ですが、日本では、1958年に東京都内のデパートで開かれた「バレンタイン・セール」でチョコレート業者が行ったキャンペーンがはじまりとされています。
日本ではキリスト教になじみが薄いので、本来の意味が忘れられて、セールスに利用されがち。
かくいう私もついその流れに乗せられてしまいます。
義理チョコや友チョコ、自分へのごほうびチョコなど……、みなさんは今年、どんなチョコを買いますか?
【Kuri・chan♪】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る