コラム 岩槻のひとに聞いてみた① (水野時枝さん)

-創業150年の書店がコミュニティカフェを作った理由-
「岩槻のひとに聞いてみた」は、岩槻でまちづくりや地域活動を頑張っている人にインタビューをするコーナーです。
今回は「スマホなんでも相談会」の会場となったのは水野書店&Cafe mao-maoになりました。水野書店は、創業150年目を迎える岩槻区の老舗書店です。そして3年半前に店内の半分を改装して飲食スペースであるCafe mao-maoをオープンしました。今回は水野書店の水野時枝さんにお話を伺いました。
――150年前の創業当時の様子は?
水野:最初の先祖は江戸の初めに三河の国からお殿様について岩槻城にやってきました。屋号は三河屋。明治に入って始まった教科書を納入するという仕事が今まで続いています。
――どのような想いで本屋さんの経営を?

水野:会社としては息子で6代目です。明治以降地域の子どもたちの成長を一緒に見守ってきて、その子供たちももう大きくなっておじいちゃんおばあちゃんになっています。長い間にみなさんとのお付き合いをさせてもらったのはとても幸せなことです。
――カフェスペースを作った想いは?

水野:ネット社会でスマートフォンと切っても切れない社会になりました。当然本や雑誌など紙が売れなくなってきており、なんとかしなくてはいけない、お店にみなさんが来てもらうためにはどうしたらいいかということを10年前から考えていました。岩槻は高齢の方が多く、そういう人たちが集える場所、そして子育て中のお母さんお父さんが絵本を通じて楽しめる場所にできればと思い、カフェスペースを始めました。
――実際にやってみて感じたことは?
大変ですね。書店の場合は仕入れた本を並べ、注文の本を届けたり、お客さんと会話しながら販売しますが、食べ物を扱うとなるとかなり時間を使います。たくさんのスタッフなしではできない仕事です。
――本屋さんと違った喜びもあるのでは?
一番大事なのは人と人が出会ってコミュニケーションをとることです。みなさんとお話すると、教えていただくこともたくさんあります。
――たくさんイベントもやられていますよね?
みなさんが新しい情報を持ってきてくれます。若い人たちが頑張っているので、応援したいという気持ちが強くあります。
――今後の目標は?
次の世代にどうつなげていくということ、そしてみなさんが使いやすいように発展して、誰もが楽しめる場所になってほしいと考えています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る