にこにこ日和 「笑顔と夢と優しさと」

まるで魔法みたいに突然に空から雪が降ってきた1月の月曜日。
もう日も暮れようかという頃、思いきって家の外へ飛び出しました。
いつも目にしている景色が、まっ白に変わっていました。
無邪気な子どもみたいに、非日常のスイッチが入り、行きつけのカフェまで…。
「今日は、静かでしたか? 大雪だから」
「そうだと思ってたんだけどね、次から次にお客様が来て、満席だったの。
今日は、ランチも売り切れだよ」
ホットレモネードを飲みながら、窓の外の白い世界を見ていたら何年か前の大雪の日、家族と2人で岩槻駅の病院まで、雪の道をさくっさくっと歩いた記憶が蘇ってきました。
こんなにもささいな家族の行き違いすら、自分たちではどうすることもできないのだと、私は自信を失っていました。
カウンセラーの先生は、それすら笑顔で受けとめて、真摯に、私たち2人の話に耳を傾けてくれました。
あの日の想いは、今ここに繋がっています。
道に立つ街灯のあかりに照らされて、雪の結晶がきらきらと輝いています。
私の手のひらに落ちた雪はそっと溶けていきました。
2月、岩槻の街のあちらこちらに梅の花が咲きはじめました。
人形のまち岩槻は雛めぐりの季節です。
私も、平成30年2月25日に行われたわくわく子どもフェスタに、音楽で参加させていただきました。
時折、冷たい風がビルの間を吹き抜ける、曇り空の1日でした。
私たちがいただいたスペースは、ほぼマルエツの前、駅前ロータリーの一画…。
ありがたい。
こんな夢のようなこと、あるんだろうかと、今も信じ難い思いです。
三線とジャンべ、レインスティックやハンドパンの、個性豊かな楽器の音色に、愛と解放の力に満ちた沖縄の島唄と、たくさんの皆様が、立ち寄って耳を傾けてくださいました。
誰かの心の平和を見守り、祈りながら、日々を生きる人。
笑顔と、夢と、優しさをくださったみなさまに感謝します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る