駅前のクレセントモールで 流しそうめん大会

先月号で紹介した五節句の中の七夕。
平成29年8月5日からクレセントモールの通路には5本の大きな笹竹を取り受けて、市民が自分の願い事を書いた短冊を取り付けており、20日の岩槻夏まつりの日まで自由に書いて取り付けてもよいとのことである。
6日の日曜日には、同会場で10時30分から流しそうめん大会が行われた。
地元農家さんの竹林から孟宗竹を切り出し、工務店さんの協力で半分に割って節を加工し、3m以上もある竹の樋を6本並べてセットして同時に6組の参加者が流しそうめんを楽しむように企画されていた。
このような形で参加者自ら体験できる流しそうめん大会は、始めて見たような気がする。
申込みがあってからの茹でる作業も炎天下ではたいへんな仕事であるが、申込者も多くて茹でる作業が追い付かないほどの盛況の様子でした。
同時に子供が通路で自由に遊べる空間を提供している団体の「つきぐるみ」や17時からは夜の大人の時間としてジャズの生演奏も楽しむことができた。
このような内容なら五節句もいいものである。
今後も岩槻の夏のイベントとして続けて行って欲しい。
区役所のあるワッツ東館内のエスカレーター周辺には、区内保育園児が描いた願いごとなどの可愛い短冊飾りも20日まで楽しむことができる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る