開館の整備が進む 人形博物館の定点観測

人形博物館

旧岩槻区役所敷地に整備が進んでいる岩槻人形博物館は平成32年2月の開館が予定されている。
施設の開館による、岩槻の活性化に期待が高まっている。
人形のまち・岩槻は、日本有数の人形の生産地として知られており、経済産業省の「伝統的工芸品」に「岩槻人形」「江戸木目込み人形」の2つが指定されている。
また、「まちかど雛めぐり」などの人形に関するイベントも数多く行われ、日々の生活の中に人形が身近なものとして根付いている。
その新たな観光拠点として期待される岩槻人形博物館。
さいたま市では、伝統ある人形文化の振興を図るための拠点施設として、開館までの整備を進めている。
建設工事は旧岩槻区役所の跡地で平成29年8月から始まり、約1年が経過しようとしている。
工事の進捗状況は、月末時点の定点写真が毎月上旬にさいたま市のホームページでも公開されている。(写真参照)
開館して以降は、人形に関する収集・保存事業、調査・研究事業、展示事業、学習支援事業、情報発信・交流促進事業を柱として地域に貢献する予定だ。
市民として、博物館のこういった事業に協力・支援することはもとより、施設を活かして、地域の活性化に向けた取り組みをどのように進めていくか。
知恵と汗の出しどころと言えるのではないか。
【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る