農園に仕掛けられた罠 そこにかかった動物とは?

罠にかかったタヌキ

本紙7月号で、慈恩寺の農園が野生生物の食害被害に遭っていることを受けて、さいたま市から借りた捕獲用の罠を仕掛けたという内容を伝えた。
今回はその続報をお伝えしていきたい。
仕掛けた罠にかかり、おとなしくこちらを見つめる動物は一匹の「たぬき」だった。
農園を管理するTさんによれば、なかなか罠にかかってくれず、様子を探りながら仕掛ける位置を変え、辛抱強く待っていたという。
ようやく罠に引っかかったたぬきを見たTさんは「今度こそ本当に捕まえた。
さいたま市の担当部署に連絡して引き取ってもらうことにする」と話す。
それから数日後、Tさんにふたたび連絡を取ったところ、さいたま市の担当者とのやり取りの中では「やはりたぬきだった。この時期、さいたま市にはアライグマなど捕獲の連絡が1日に数件あり、Tさんの所が今日2件目で、すぐに3件目へ行く」という会話もあったそうだ。
このお話を伺い、このようなことが頻繁にあるということに驚きを持った。
今回の一件は、野生動物による被害がそう珍しいことではないことを知らせてくれた。
【編集部・小澤】

罠にかかったタヌキ
いったい「どこからやってきたのだろう?」と疑問も湧く

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る