調味料から手づくり 藤宮製菓と学生の作ったお菓子

できあがったお菓子を囲む藤宮社長と学生たち

平成30年2月24日(土)に藤宮本町店で行われていた「和菓子」の試食会に参加した。
人間総合科学大学と有限会社 藤宮製菓との連携で生まれたおいしいお菓子。
玄米クッキーの上に栗チップの入った豆腐クリームを山形に盛った「栗まる」と、味噌の風味を生かした白あんをぎゅうひで包んだ「ゆず白もち」の2品である。
まちかど雛めぐりの期間中には限定販売も行われたが、この取り組みは商工会議所と人間総合科学大学との間で結ばれた、包括協定による産学連携の成果のひとつだ。
同大学の人間科学部健康栄養学科3年・大野さんと志保田さんが、食生活改善に資する「適塩」という考え方にもとづいたナト・カリ塩(※)を使用した和菓子の制作に挑戦して生まれたもの。食材やデザインなどを学生が企画し、制作を藤宮製菓が行う方式で試行錯誤の末にできあがったという。
この取り組みについて、参加した学生は「いくつものアイデアの中から取捨選択して、形にしていく中で工夫を重ね、和菓子屋さんのアドバイスをいただき、試食会を開くことができて、やり遂げたという気持ちがある」と振り返っていた。
※ナト・カリ塩
食塩の主成分塩化ナトリウムの一部を塩化カリウムに置き換えた混合塩。約25%の減塩ができる。これを用いて製造されたしょうゆや味噌のことを「ナト・カリ調味料」という。
【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る