本格ビジネスホテル開店好調!復興の起爆剤へ︕

会員登録後の清水勇人市長と黒田麻衣子社長

稼働率98%の余波に期待

岩槻復興の初動
国内外で展開するホテルチェーン大手の東横インが平成29年2月1日に岩槻駅前に開店。
前々日には、清水勇人さいたま市長が居酒屋天国でオープン講演。
その後参加者のニューホテルの体験宿泊も行われた。
果たして岩槻に179室を要するホテルへの需要があるのか気になった。
3日時点での稼働率は98%との中村智美副支配人の報告に驚きを得たが、6 日午後2時半過ぎでは、既に満室との回答で、改めて堅調な需要を確認した。
また、宿泊客は外国人が1割位で、ビジネス客中心で観光客への浸透はまだ弱い状況のようです。
いずれにしても従業員約40人と地元への雇用への貢献は大きい。
そして、ホテルは朝の軽食だけなので宿泊客の飲食は地域に大きな需要を与えるものと思われる。
中村副支配人は、その為に私が「地域の飲食店廻りをして、パンフやチラシを店頭に並べて貰えるよう、お願いしたいが」と話し、開店直後という事もあり、時間が取れない事を「申し訳ない」と話してくれた。 
歴史遺産が多く残る岩槻の観光資源の活用と岩槻人形のPRは大切だといえる。
観光庁は「明日の日本を支える観光ビジョン」などの制度改革の検討を始めた。
そして訪日客は都市部から地方へと拡散し始めたとの報告が各地から届き始めている。
岩槻の未来に活かすチャンスとして官民協同で観光客誘致の課題に取り組んで貰いたい。
(中村)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る