晴天の5月5日 端午の節句で様々なイベント

クレセントモールで武将に変身
クレセントモールで武将に変身

端午の節句イベントが、晴天の平成29年5月5日こどもの日に区内3会場で開催。
端午の節句の伝統行事にちなんだ、鯉くぐりによる祈願と武将の兜を被って子供の健康と成長を願う催しを行った。
会場となったのは、岩槻駅東口のワッツクレセントモールと市宿の八雲神社、愛宕町の愛宕神社の3ヶ所。
各会場での鯉くぐりは、ワッツクレセントモールの黒鯉は健康長寿の祈願を八雲神社の青鯉くぐりは夢を叶える祈願、愛宕神社の赤鯉くぐりは縁結びの祈願をこめたものとした。
それぞれの会場には、こども用ではあるが、有名武将の兜の意匠を凝らした兜と陣羽織、軍配、刀の用意があり、武将に変身ができた。
この3ヶ所を巡りそれぞれの印を集めると、岩槻駅前のWATSUクレセントモールで参加記念に和菓子の手作り体験ができるというもの。
和菓子の製作体験は有料の参加も受け付けていた。
岩槻在住の方が多く参加された。子連れの若い夫婦や祖父母三世代の連れ添いでの参加が多数見受けられた。
こどもからは「楽しかった」、親からは「記念になる」といった声が寄せられた。以外にも大人が鯉くぐり参加する姿も見受けられた。
今回のイベントを行うにあたって、NPO法人のメンバーのほかに目白大学の学生や地元自治会、神社の氏子がイベントの運営に多数携わったことをお伝えしたい。
このイベントを企画したNPO法人岩槻・人形文化サポーターズ(加藤代表理事)は、岩槻人形博物館が2020年に開館が予定されていることを踏まえ、人形を活かした伝統行事をイベントとして実施することで、住民同士が地域をよく知り、愛着を持ち、コミュニティを深め、豊かなまちづくりにつなげようと活動を行っている。
現代生活は、同じリズムの繰り返しで、単調と言われるなか、季節ごとに行われていた伝統行事を生活に潤いとメリハリをつけるものとして見直していくべきではかもしれない。

クレセントモールでの子供たちの「鯉くぐり」
鯉くぐり
クレセントモールでの親子 「鯉くぐり」
『八雲神社で武将に変身する大人』・『愛宕神社でハイポーズ』・『和菓子作り』

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る