春の恒例行事 盛況だった「雛めぐり」

春の恒例行事である第15回「人形のまち岩槻 まちかど雛めぐり」(主催・人形のまち岩槻まちかど雛めぐり実行委員会)が、平成30年2月24日(土)から3月11日(日)まで行われた。
初日の24日(土)には、岩槻駅東口のクレセントモールでオープニングセレモニーを開催。
好天の下では大勢の観衆が集まる中で勇壮な迎え太鼓から始まり、「おひなさまパレード」ではお雛様やお内裏様に扮した小学生たちが、金屏風を背景に整列する前で式典が行われた。
期間中は、岩槻駅東口周辺の商店や特別展示会場に雛人形が飾られていた。
おおむね天候に恵まれたこともあり、大勢の来訪者がマップを片手に、まち歩きを楽しんでいる様子がみられた。
新聞などに紹介された「岩槻愛宕神社大雛段飾り」(主催・岩槻中心市街地まちづくり協議会)を見ようと、公開日である土日には大勢の人が会場に向かった。
3日(土)には岩槻城址公園内の菖蒲池周辺で、恒例の「人形のまち岩槻 流し雛」(主催・岩槻人形協同組合)も開かれ、4日(日)に行われた青空マーケット「岩槻ちょっと市」(主催・まちの戦略会議)では、地場産業の人形作りの技術を生かした商品や飲食などを提供。
まち歩きの方々の休憩所、おみやげの買える場として賑わった。
【編集部・小澤】

大勢の観衆を前に音色を轟かせていた「迎え太鼓」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る