岩槻魅力発信の拠点づくり 「石川潤平館」

工房看板

岩槻人形博物館の裏通りに、さいたま市指定伝統産業を紹介するスポットがある。
さいたま市では、伝統的な産業の振興を図り、事業者の意欲向上や後世への継承を目的に「さいたま市の伝統産業」や「さいたま市伝統産業事業所」を指定している。
岩槻の人形、大宮の盆栽、浦和のうなぎが伝統産業となっている。
この伝統産業に属する事業所のほか、伝統的な工芸技術を継承する事業所、地域の特性と深い関係のある事業所をさいたま市伝統産業事業所として認定してる。
岩槻区内でも多くの事業所が認定されていますが一般的にはあまり知られていない。最近はじまった「岩槻まちゼミ」に参加し、積極的に市民に知ってもらう取り組みを始めた事業所も見受けられる。
岩槻人形博物館に来られた方々に、博物館では見ることができない岩槻の人形職人の技術や歴史、人形以外での認定事業所の紹介と情報の発信が必要と考えてきた人形職人でもある第二代石川潤平さんが「石川潤平館」を今年、2022年8月に開館した。
来訪者や市民のためにと自身の工房の一部を開放した同館では、貴重なパネルなどを展示している。
また、人形に関する「ものづくり体験」として、粘土で形を作って焼き上げるテラコッタ教室も毎週土曜日に開催しており、人形彫刻作家でもある弟の雅号「磊さん」が講師として教えてくれる。
このように岩槻人形博物館の存在を活かし、地域の活性化につながる岩槻の魅力発信の拠点づくりが、業種にかかわらず市民からの自発的な取り組みと、行政の後押しで広がって行くことを期待している。


石川潤平館
岩槻区本町4-5-9
電話:048-756-2429
開館時間:13時~15時(土日祝は17時まで、繁忙期は休館あり)
テラコッタ体験は有料。グループ来館には時間外対応の可能日あり。
詳細はお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る