岩槻駅舎改修事業が完成 3月29日に竣工式開催

昨年、平成28年5月に東西自由通路開通が行われ、西口からの乗降やエレベーターの使用が可能になったが、工事全体の完成までには至っていなかった。
東口の残っていた片側階段やエレベーター部分や駅前広場の工事終了で、平成21年の基本構想から8年ほど経て岩槻駅舎改修工事が完成した事になる。
竣工式は3月29日14時から岩槻駅東口コミュニテイセンター3階で執り行われ、清水勇人さいたま市長をはじめ、市議会議長、区選出の県議会議員、市会議員、東武鉄道や工事関係者の参列のもと、駅前ロータリー整備に関して樹木や景石を寄贈した団体への感謝状の授与も行われた。
駅舎改修事業に伴っての西口開設にあたり、岩槻の今後の観光まちづくり観点から市民より要望の声が上がっていた東西乗降口の岩槻らしい略称設置に関しては、今後の課題として検討が望まれる。
また東西自由通路に開設された観光案内所は、さいたま市全体の観光案内というよりは岩槻の魅力を来訪者に丁寧に伝えて情報発信する拠点として期待したい。

施設概要
 東西自由通路 (延長約45m 幅員約9m)
 ・エレベーター  2基(11人乗)
 ・エスカレーター 3基(東側2基、西側1基)
 ・公衆トイレ (みんなのトイレ併設)1箇所
 ・観光案内所
 ・交番 (東側)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る