岩槻藩が舞台の新刊小説 『御下命・輝之進自剣帳』

小説の舞台は9代将軍・徳川家重の時代で、御側御用人として仕えた岩槻藩主大岡家の初代藩主、大岡忠光の時代の小説である。
多くの時代劇小説では、言葉の不自由な将軍家重の発する言葉の意味を理解し、幕閣に伝え、大きな影響を与えていたことから悪者として取り上げられている。
しかし、実際には領民思いの温厚篤実な名君であったらしい。
本書の作者である眞々田昭司氏は、“あとがき“にもあるが岩槻生まれの岩槻育ちである。
地元の岩槻よりも海外の方が詳しくなるような生活を続けてきた。
歳を重ね、遅ればせながらも地元の事を調べ始めて大岡忠光という魅力ある人物を知り、悪者役で終わらせる訳にはいかないと考え本書を書きあげたようだ。
物語は、ら・みやびに寄稿(現在休稿中)の岩槻地方史研究会(飯山實氏)が書いていた。
岩槻の旧町名やお店の名前も出てきて地元の者には親しみやすい。
江戸岩槻藩から岩槻に赴任した若者(輝之進)が実績を上げ、江戸務めとなり藩主忠光の勅命を受け難問を解決していく展開では、作者の経歴にある武術家、治療家の知見が随所に活かされていて読みごたえがあり、一気に読み終わってしまった。
最後に「続く」とあるので、続編が待たれる。
購入は、水野書店(岩槻区本町4丁目/048・756・0112)。
または、ネットショップ「ママ先生の新気功著作販売を検索。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る