寄稿 あなたの車を 寄付してみませんか?

 買い替えや免許返納などで不要になった車を、被災地に寄付してみませんか? 
 宮城県石巻市に本部がある「日本カーシェアリング協会」では、全国から寄付された車約300台を災害で車をなくした被災者に無償で貸し出す「カーシェアリングの活動」を展開しています。
 東日本大震災以降、頻発する台風や水害などで車を失い、困っている人たちが日本中にたくさんいます。被災地では軽自動車からトラックまで、幅広く必要とされていますが、特にハイエース・キャラバン・ミニバンなど、人や荷物が沢山乗る車があると、現場ではとても助かります。特に災害現場やコミュニティ支援では大勢の人数を運ぶ必要が出てくるため大変重宝します。もし不要になるお車があれば、ぜひご連絡をお願いします。
 ご提供いただいた車は、「架け橋ドライバー」と呼ばれるボランティアがご自宅まで取りに伺います。その後協会に名義変更を行い、整備工場にて点検整備をしながら大切に活用させていただきます。もし、安全に利用するために多額の費用がかかる場合など、協会が今後の活用が難しいと判断した場合、環境にやさしい形で廃車し、解体後のスクラップ代が協会の運営費(保険代など)として活用されます。協会には、損害保険会社に勤務経験がある頼もしいスタッフもいるので、回送中に事故があっても大丈夫なように事前に保険がかけられています。また名義変更などの費用も、すべて協会が負担しますので安心です。
 昨年の静岡県内の水害では、所有する車をすべて失ってしまったという方も珍しくありませんでした。中古車も高騰してしまい、あわてて新車を注文しても数か月待ち。そんな中、協会のカーシェアリングで本当に助けられたという方も少なくありません。
 この活動は大きな反響を呼び、全国に4か所の拠点を構えるまでになり、栃木市にも拠点ができました。また協賛者も増え、宮城県内で活用している車のタイヤ交換は、石巻専修大学の自動車工学コース(写真)が協力しています。その他、複数のタイヤメーカーなどが自社商品を提供しています。
あなたも、この助け合いの輪に参加してみませんか?
お問い合わせ「日本カーシェアリング協会」0225-22-1453
さいたま市防災アドバイザー 加倉井誠

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る