寄稿 あなたの車を 寄付してみませんか?

 買い替えや免許返納などで不要になった車を、被災地に寄付してみませんか? 
 宮城県石巻市に本部がある「日本カーシェアリング協会」では、全国から寄付された車約300台を災害で車をなくした被災者に無償で貸し出す「カーシェアリングの活動」を展開しています。
 東日本大震災以降、頻発する台風や水害などで車を失い、困っている人たちが日本中にたくさんいます。被災地では軽自動車からトラックまで、幅広く必要とされていますが、特にハイエース・キャラバン・ミニバンなど、人や荷物が沢山乗る車があると、現場ではとても助かります。特に災害現場やコミュニティ支援では大勢の人数を運ぶ必要が出てくるため大変重宝します。もし不要になるお車があれば、ぜひご連絡をお願いします。
 ご提供いただいた車は、「架け橋ドライバー」と呼ばれるボランティアがご自宅まで取りに伺います。その後協会に名義変更を行い、整備工場にて点検整備をしながら大切に活用させていただきます。もし、安全に利用するために多額の費用がかかる場合など、協会が今後の活用が難しいと判断した場合、環境にやさしい形で廃車し、解体後のスクラップ代が協会の運営費(保険代など)として活用されます。協会には、損害保険会社に勤務経験がある頼もしいスタッフもいるので、回送中に事故があっても大丈夫なように事前に保険がかけられています。また名義変更などの費用も、すべて協会が負担しますので安心です。
 昨年の静岡県内の水害では、所有する車をすべて失ってしまったという方も珍しくありませんでした。中古車も高騰してしまい、あわてて新車を注文しても数か月待ち。そんな中、協会のカーシェアリングで本当に助けられたという方も少なくありません。
 この活動は大きな反響を呼び、全国に4か所の拠点を構えるまでになり、栃木市にも拠点ができました。また協賛者も増え、宮城県内で活用している車のタイヤ交換は、石巻専修大学の自動車工学コース(写真)が協力しています。その他、複数のタイヤメーカーなどが自社商品を提供しています。
あなたも、この助け合いの輪に参加してみませんか?
お問い合わせ「日本カーシェアリング協会」0225-22-1453
さいたま市防災アドバイザー 加倉井誠

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る