地産地消・学校給食に 地元の野菜を届けたい

 実家は江戸時代から300年続く岩槻区飯塚の農家で、11代目となる飯山翔平さん(33歳)は、大手小売店の法人営業の経験をしてから2021年に農業を引き継いだ。
飯山さんが経営する岩槻野菜工房は、主にホーレン草をハウスでの水栽培で大規模に行っている。

地元岩槻で作っている野菜は数多くあるのに、地域のスーパーの野菜売り場の棚には市場や仲買を経由したものが並んでいるのに疑問を感じてきたが、それが現在の流通の仕組みではある。

 5歳と3歳の子育て中の父親として考えた時に、将来を担う子供たちには地元の安全な美味しい野菜を食べて欲しい。
その為には地元野菜を学校給食に使って欲しいと考えた。

さいたま市の給食は各学校内で調理する方式であり学校単位で決定権がある。
ならば可能性があるのではと、知人の繋がりを辿りながら色々な問題点を洗い出す事から始めた。

 農家は単品の大量栽培が多いが、給食では多品目で生徒数に合わせて毎日朝の配達が必須となり、学校側は納品先農家ごとの毎年度の更新契約となる。

 飯山さんは学校側と農家との個別契約の煩雑さを簡素化するために法人格「農BASE合同会社」を立上げた。
多品目の野菜提供には仲間を増やして栽培分担も必要になる。事務の簡素化には社会人営業での経験を活かして、提供できる農産物の事前提示や事前発注依頼等のネットやFAXで簡単に行える仕組みも作ってきた。

 現在(12月末)では、区内公立小中学23校校の中で5校に地元野菜を毎日届けられるところまで広がってきている。
届けられる野菜は季節によって違いがでるが、今はホーレン草、小松菜、大根、人参、キャベツ、さつま芋などである。

「野菜が違うとこんなに給食の味が違うんだね」との担当栄養士さんの声が励みになる、と飯山さんは笑顔で話している。

 届ける野菜を増やすために理解して協力してくれる農家や、消費する側の理解者も増やして行ければ、美味しく安全な食の地産地消が広がる筈である。

 岩槻の地の利を生かした生産者も消費者もメリットのある新しい地産地消のネットワークを広げようと11代目の飯山さんは将来を見据えて現在奮闘中である。
【編集部・奥山】

<ガイド>

興味のある方は問い合わせを。

電話:080-3497-1236(飯山)

メール:nobase.si@gmail.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る