人形博物館と交流館 今後の活用に期待

岩槻人形博物館 交流館

岩槻人形博物館が2020年2月22日(土)に開館した。
初日の来館者数は2677人で、24日(月・祝)までの3連休中には7000人以上が来館。
鑑賞の順番待ちで長い列ができたという。
開館前には記念式典が行われ、清水勇人さいたま市長や大野元裕埼玉県知事らが出席した。
清水市長は「人形と人形文化の発信拠点施設として多くの方々に親しみを持っていただけるよう展開する」と述べていたが、博物館の活動に期待したい。
岩槻の人形産業は、3月の「ひな祭り」や5月の「端午の節句」など節句行事が公家、武家から庶民にまで広がり、さかんに行われるようになった江戸時代から続いているものだ。
文化と産業が共に発展した例であり、博物館の活動を通して、人形と文化の変化を認識し、産地として新たな道を模索していかなければならないだろう。
尚、博物館の展示品は一部を除き、撮影が許可されており、カメラに収めることができる。

◎交流館も同時に開館
開館初日、岩槻人形博物館に併設の「にぎわい交流館いわつき」では、岩槻茶道会と和菓子職人による「開館記念 茶会」や「体験教室」などが行われた。
また、ヨーロッパ野菜研究会の野菜をメインとした本格的なカフェレストラン『Yoroken caffé(ヨロ研カフェ)』もオープンした。
幸先のよいスタートを切ったと思われたが、ニュースなどで騒がれている新型コロナウイルスの感染予防のため3月2日(月)から16日(月)まで休館となったので、ふたたび足を運べる日が来るのを心待ちにしたい。
【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  2. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  3. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る