サッカーのダービーマッチが 岩槻でも繰り広げられている

サッカーファンならご存知のとおり、岩槻の近隣をホームタウンとする、浦和レッズと大宮アルディージャはいかなるときもバチバチと火花を散らすほどのライバルだ。
サッカーでは、ホームタウンを共にする同士の戦いは古くから「ダービーマッチ」と呼ばれる。
広い意味では何らかの共通点があれば使われる言葉であり、例えば、大宮アルディージャと柏レイソルの試合は「野田線ダービー」と言われる場合もある。
ダービーマッチを繰り広げる同士の戦いの裏では、チームはもちろん、ファン同士でも熾烈な戦いが繰り広げられる。
そしてじつは、岩槻でも浦和レッズと大宮アルディージャの「さいたまダービー」がひそかに行われている場所がある。
岩槻駅から徒歩8分ほどにある、押田書店から先の通りである。
この通りにある街灯には、タペストリが飾られている。
手前側の栄町通り商店街には大宮アルディージャのものが、奥にある仲町商店街には浦和レッズのものが掛けられているのだ。
Jリーグの開幕からとすれば、浦和レッズは1993年からの歴史があり、大宮アルディージャのトップリーグである「J1」への昇格は2005年である。
時折、街中ではそれぞれの熱烈なサポーターがチームの普及に務めるべく商店街や各店舗に足を運ぶ姿を見かけるが、同じ通りに異なるチームのタペストリが飾られているのは、おそらくその時期がたまたま異なっていたからなのだろう。
しかし、岩槻という場所は稀有である。
さいたま市へ編入してから、水面下では浦和レッズと大宮アルディージャの「どちらのファンか?」という話がたびたびサッカーを好きな人たち同士で繰り広げられる。
同時に、共に近い場所にスタジアムを構えるチーム同士の戦いを手軽に見られる“熱い”街であるともいえる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る