はしご車も登場した消防体験 子どもたちもニッコリ

先月、平成29年3月25日、旧・岩槻区役所の跡地の広場を使った、消防体験イベント「消防ふれあい広場」(岩槻消防署 主催)が開かれた。
晴天のもとで、親子連れなど多数の人たちが足を運んでいた。
同イベントは「市民の防火、防災意識の向上」を目的に、市民と消防職員らの交流をねらい行われたもの。
昼から夕方にかけて、参加者は250人にものぼり、半数以上訪れたという子どもたちの笑顔も多数みられた。
体験会場では災害を想定して煙の中を進むコーナーや、さいたま市に1台しかないという地震体験車も登場。
子どもたちの憧れの職業の一つでもあることから、防火衣の体験コーナーでは「実際に着て写真を撮るなどして喜ばれた」と、岩槻消防署の田村さんは喜びを伝えてくれた。
また、消火体験では水を使った消化器でペットボトルのピンを倒すという、ゲーム性を取り入れた試みも行われ「子どもたちは夢中で取り組んでいた」という。
さらに、目玉となったのは「はしご車」の実演。
35mの高さまで伸ばされた光景に参加者は「青空に向かいグングン伸びるようで、周囲に建物がないことから、見上げるとそうとう高く感じられた」と話していた。
今回の趣旨は「地域密着の体験イベント」だったと、岩槻消防署の田村さんは話す。
啓発と共に、子どもたちの笑顔が集まる場所として、今後の開催も期待したいところだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る