42回目の「岩槻まつり」 メイン会場が変更に

岩槻まつり・ポスター

平成29年8月20日に開催される「人形のまち岩槻まつり」は、今年で第42回を迎える。
例年のように岩槻駅東口周辺地域を交通規制して行われるが、今年から3年間は、(仮称)岩槻人形博物館の建設工事が始まるため、旧岩槻区役所跡地が使用できなくなるため、メイン広場の場所が本町3丁目所在の「さがみ典礼駐車場」へと変わることになった。
岩槻まつりは、さまざまな市民団体が参加して作り上げてきたまつりであるために、実行委員会では、主会場の変更にともなって恒例の「人形仮装パレード」など、これまでメイン広場で行われていた参加団体のイベントをどのように行うべきか調整することに苦労したようだ。
そのため、おなじみの「ジャンボひな段」も会場の制約を受けて小さくなる。
交通規制により車通りがなくなるため、中心市街地が、さまざまなパフォーマンスの舞台になる1日である。
祭り囃子に耳を傾けるのもよし。お時間のある方は実際に足を運んで、参加する側、観る側になって夏の最後の思い出をめいっぱい楽しもう。

岩槻まつりの様子
2017 年の祭り風景

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る