人形博物館が再開 地域振興に期待がかかる

岩槻人形博物館は、日本で初めての人形を対象とした博物館だ。
人形の産地である岩槻に建設されたこともあり、地元住民も地域振興への期待を寄せていた。
オープンの2020年2月22日(土)から多くの人が訪れていたが、新型コロナウイルス感染症の影響で3月から休館となってしまい、再開を願う声も少なくなかった。
そして先日、6月2日(火)から常設展示の鑑賞が可能となった。
感染症への防止策として、アルコール除菌、サーモグラフィー検査、入館カードの記入などが徹底されている。
さらに、待望の企画展「雛人形と犬筥・天児・這子」も再開。
オープンから十分な期間の展示ができなかったためにふたたび、7月11日(土)から8月23日(日)まで行われる。
休館日は月曜であるが、8月10日(月・祝)祝日は開館。
9時から17時までとなる。
観覧料は一般300円。高校生・大学生と65歳以上は150円。小中学生は100円。

岩槻人形博物館/にぎわい交流館いわつき  岩槻区本町6-1-1 TEL:048-749-0222

にぎわい交流館いわつき
体験講座を順次開催

にぎわい交流館いわつきは、人形博物館と敷地を同じくしてオープンした施設である。
施設内の「ヨロ研カフェ」を利用したことのある方も、読者の中にはいるだろう。
本施設では2階の「クラフトルーム」を利用して、土日祝日に「体験講座」を開いている。
7月は6日間にわたる「ダルマの絵付け」と、4日間にわたる「キャンドルマスコットづくり」実施予定。
8月には、木目込み人形作りの技術を活かした「特別企画 コロナ終息を願ってアマビエづくり」も予定されている。
アマビエとは妖怪の名前で、江戸末期の九州地方・熊本県で海から出現し「病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるように」とメッセージを残して海中に消えたと伝えられている。
8月の体験講座の予定は、別表も参照していただきたい。
【編集部・小澤】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2024-2-11

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?

    ここ最近、異常気象の影響か、体調を壊す人が増えてます。 「一度起きると寝れない」とか、「睡眠導…
  2. 2024-2-11

    断水に苦しむ能登地震の被災地

    「元旦の大きな揺れで、避難所となっているこの体育館に駆け込んだ。でもここには水も食料もなかった。 …
  3. 2024-2-11

    「まちあわせ」

    まちづくりユニット「まちあわせ」が岩槻のさまざまなまちづくりを紹介するこのページ。今回も岩槻区内で活…

『らうんじ』からの募集・告知

  1.  今回は、すぐさま命に別条があるわけではないので、服薬治療を続ければ天寿を全うできるけれども、かなり…
  2. イベント情報
    心のときめきを自分の言葉で短歌にしてみましょう。 【日時】3月17日(日)13:30 から 15:…
  3. イベント情報
    皆さんの人生は「選択」の連続だったに違いありません。 日々の選択は何を基準にし…
  4. イベント情報
    ◇史跡めぐり「中山道鴻巣宿を歩く」 【日 時】 3 月 3 日(日) 午前中 【集 合】 岩槻駅…
  5. イベント情報
    岩槻区を中心として市民活動に関心のある方など様々な立場の人が気軽に集まり、岩槻をより活性化させるため…

岩槻について

  1. ◆図形の問題  色のついた三つの正三角形があります。図のように頂点同士を線分で結んだときにできる三…
  2. イベント情報
    下山静香(ピアニスト)が魅せる「中南米名曲コレクション」昨今注目度 が上がってきた中南米のクラシッ…
  3. 健康でいるために、どの様な運動がいいの? 有酸素運動(有酸素エクササイズ) 有酸素運動は 、心肺…
  4. 運動が健康によい理由【前編】 健康的な運動は、健康な生活をサポートする大切な要素です。 自分の目…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る