七草がゆも振る舞われる 人日の節句イベント開催

七草粥食材
人日の節句_02

正月や節句にちなんだ「人日の節句イベント」(主催・NPO法人岩槻人形文化サポーターズ)が、平成30年1月14日(日)10時30分から15時30分まで、岩槻駅東口ワッツ東館1階の会場で開催される。
新年を迎えてから最初の節句は、1月7日の「人日の節句」となる。この日は七草がゆを食べるのが思い浮かぶが、この風習は中国より伝わった古来の習慣が、日本の「若菜摘み」という風習と合わさったことから生まれたという。
やがて邪気を払い万病を除くために食べる七草がゆとなり、江戸時代から一般に定着したそうだ。
その後、人日を含む五節句が江戸幕府の公式行事となり、七種がゆを食べて人日の節句を祝ったとも言い伝えられている。
正月にはおせち料理を食べ、正月飾り、縁起物、や初詣、こと始めなど年初めのいろいろな行事が続く。
イベントでは、年の初めにふさわしく、新年の願いごとを納める縁起物の「ダルマの顔かき体験」や干支などを扱う縁起物市や「七草がゆ」の提供も行われる予定だ。
【編集部・小澤】

顔描き体験のだるま
縁起物であるダルマの顔描き体験などが行われる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 武蔵第六天神社の灯火船(ともしびぶね) …
  2. 岩槻城址公園はその名の通り岩槻城の跡で、今でもお堀や土塁が残っています。 昔から「おはやし公園」と…
  3. サルビアが見頃 大宮花の丘 西区 …
  4. 元荒川和船まつり
    元荒川和船まつりが平成30年7月28日(土)と29日(日)、両日ともに10時から16時まで、末田…
ページ上部へ戻る