木の博物館 木力館

木 博物館

木の博物館 木力館

木の博物館 木力館きりょくかん
木 博物館

木力館とは、こんなところです

木力館(きりょくかん)。木の力は生(き)の力。
材木屋のおやじが、桧、杉、モミの木、ポプラなど、秘蔵の材木(全て天然材)を使って建ち上げた世界にふたつとない、六角形の、木と材木の博物館です(延床面積86坪)。
構造躯体にはホゾを貫き込み栓を使い、頑固なまでに伝統工法(通し貫工法)を用いた、材木屋ならではの、こだわりの建物です。

木力館は、自分で確かめなければ分からない木の香り、触感、居心地、表情・・・、
本物の木の温もりが体感でき、本物の木の家づくりを知る良い機会となります。
是非お越し下さい。

339-0016 埼玉県さいたま市岩槻区新方須賀558-2

048-799-1560

AM10:00~PM4:00

年中無休

http://www.wood-power.com/

各アイコンの説明は、ここにカーソルを当ててください。

上に表示されているアイコンの意味は次の通りです。
:住所 :電話 :営業時間 :休日 :予算 :支払方法 :席数 :喫煙 :禁煙 :分煙 :駐車場 :ホームページ




トピックス

無垢材・自然素材

内装に関しては自然素材を使った空間を展示致します。
実際に無垢材・自然素材がどのように使われているのか?
詳細は是非実際に見て、聞いて、触って、嗅いで感じて下さい。

館長コレクション

全国各地の銘木・逸品を集めた館長自慢のコレクションです。
このたびリニューアルしました。テーブル等の実用品を中心にご紹介します。
ご紹介した品のうち木力館にて展示中のものは、木力館内にて実際にご覧頂く事ができます。
ぜひ木力館までお越し頂き、お客様の五感でお確かめ下さいませ。

木は何故大切か

はじめに、人間と自然の関係をお話ししたいと思います。
生き物は自然に逆らって生きる事は出来ません。人も同じく、自然と共生する事が大切だと思うのです。
自然は嘘をつかない。これは私(おやじ)が体験した結論です。これからは自然と共生可能な循環型社会をつくり、後世に伝えていくべきだと思います。

さて、木は何故大切か、と言う事の本題に入りましょう。
森林と木が大切な理由。
木は空気中から二酸化炭素を吸収し、酸素を吐きだし、空気をおいしくしてくれます。森林にハイキングに行くと、さわやかで、すがすがしい気分になるのは、木のお陰です。
また、森林の土壌はすぐれた保水力を持ち、「第二のダム」とも呼ばれています。そして雨水が森林の豊かな土壌を通る事で水がろ過され、おいしい水が飲めるのです。
日本は森林に恵まれた国であり、世界の中でも、水がおいしく空気がきれい、と言う土地はなかなか珍しく、そして貴重であると思うのです。

日本の住宅について

日本に古くから伝わる伝統工法は、骨太な柱や梁といった構造駆体を"見える"様に使ったものです。特に、柱がじかに見える「真壁工法」でありました。
 日本の杉、桧と言った材は、世界的に見ても木目が美しく、色合いの良さが特徴のひとつです。
 雪の多い地域や海風の強い地域などでは強い建物をつくる為、耐震構造計算の2~3倍以上もの駆体を使って家を建てるところもあります。
 これらを贅沢に使った家は丈夫で長持ちし、見た目にも美しい、まさに力強く安心で、健康的な住宅と言えるものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る