アーカイブ:2018年 4月

  • 子どもから大人まで 棋士たちが真剣勝負

    平成30年3月18日に岩槻駅東口コミュニティセンター3階・ワッツルームA〜Bで「2 018年 まちかど雛めぐり将棋大会」が開催された。 当日は子どもから大人まで、4クラスに分かれた計147名の人たちが参加し、将棋盤とに…
  • 玄奘祭が30周年 お練り行列の参加者を募集

    玄奘三蔵法師をご存じだろうか。 中国が唐だった時代に仏典を求めてインドまで旅し、多くの経典を持ち帰り、仏教隆盛の礎を築いた歴史上の偉人だ。 インドへの旅を「大唐西域記」として著し、後に孫悟空などが登場する「西遊記…
  • 西福寺と稲荷神社(南平野)

    西福寺と稲荷神社(南平野) 佐藤里枝 元荒川に架かる岩槻橋を春日部方面に渡り左折すると直ぐに、南平野の西福寺と稲荷神社が見えてくる。 寺の裏にある駐車場付近には、いつもなら少しずつ時期をずらして咲く、コブシ、…
  • 元荒川感謝祭 第六天神社

    川舟による感謝の神事、すずみ湖オカリナコンサート、大戸八景紹介など。【日時】平成30年5月4日 13時30分~2時30分(雨天は6日の同時間)【場所】第六天神社 岩槻区大戸1752(☎799・1014)【交…
  • 旅の絵葉書・南区 「風信子荘(ヒアシンスハウス)」

    別所沼畔の風信子荘は詩人立原道造が夢見た別荘。河津桜の空にハウスの旗が見える。…
  • 旅を振り返って

    旅シリーズを書いて6年。行く先々で良いものを発見した旅であった。 例えば見沼田んぼ。 豊かな自然があり、美しい風景が見られる。 「さいたまのセントラルパーク」として大切にしたいものである。 岩槻を他地域とのつなが…
  • 文人の見た理想郷

    岩槻ゆかりの文人に、児玉南柯がいる。近現代では詩の槇晧志、短歌の大西民子、俳句の水原秋桜子、加藤楸邨は岩槻を詠んでいる。南宋(なんしゅう)画家の中村餘余(よよう)は岩槻を「桃源郷」と表現した。改修前の遷喬館にあった元荒川…
  • 彩り豊かな 人形のまち

    かぐや姫、一寸法師、浦島太郎の子ども向け絵本。槇晧志展より かぐや姫、一寸法師、浦島太郎は誰もが読んだことのある日本の昔話。 浦和に住んでいた詩人槇晧志は、これらの子供向けの絵本の文を書いた。 その多くはフ…

インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    地元の福祉作業所「ふくふく」が 岩槻の新しいおみやげ品作り[caption id="attachme…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る