風信人の旅と散歩道・芭蕉と日光街道

東陽寺と記念碑
東陽寺と記念碑

松尾芭蕉が門人曽良(そら)とともに奥の細道の旅に出発したのは元禄2(1689)年3月27日(旧暦)、江戸から日光街道を北へ向かった。
芭蕉は、その日ようやく草加という宿場にたどり着いたと書いているが、実際に泊まったのは春日部とされる。
これは曽良の随行日記に27日夜「カスカベニ泊ル」とあることから通説になっている。
春日部市内を通る日光街道(国道4号線)の一宮の交差点から、かすかべ大道りに入る。
この通りが旧道であり粕壁宿である。
入ってすぐ右側に東陽寺がある。
本堂の前には曽良の随行日記の一文と師弟の旅姿を刻んだ記念碑が建つ。
芭蕉の宿泊先は、この東陽寺、小渕山観音院、名主宅など諸説がある。
近くの市教育センター内の郷土資料館に粕壁宿の200分の1の模型や参考資料が展示されている。

日光御成街道を北へ
岩槻から日光御成街道を北へ向かう。
白岡、宮代、杉戸を通り幸手に入る。
圏央道の下を潜って少し行くと左手にスーパーベルクがある。
入口前の信号の右手から来る道が御成街道と合流する。
これが日光街道の旧道だ。
草加、越谷、春日部、杉戸を通り、この地に至るのである。
芭蕉と曽良はここを通り過ぎる時、御成街道に目を向けたことだろう。
合流地点に案内板がある。
(第61回)
 

風信人の旅 『芭蕉と日光街道』プラス
花二題

桜と火の見櫓(右)
県道65号に東楽園通りが突き当る所の信号近く。
(見沼区大谷のバス停の近く)
(第37回)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る