風信人の旅と散歩道・芭蕉と日光街道

東陽寺と記念碑
東陽寺と記念碑

松尾芭蕉が門人曽良(そら)とともに奥の細道の旅に出発したのは元禄2(1689)年3月27日(旧暦)、
戸から日光街道を北へ向かった。
芭蕉は、その日ようやく草加という宿場にたどり着いたと書いているが、実際に泊まったのは春日部とされる。
これは曽良の随行日記に27日夜「カスカベニ泊ル」とあることから通説になっている。
春日部市内を通る日光街道(国道4号線)の一宮の交差点から、かすかべ大道りに入る。
この通りが旧道であり粕壁宿である。
入ってすぐ右側に東陽寺がある。
本堂の前には曽良の随行日記の一文と師弟の旅姿を刻んだ記念碑が建つ。
芭蕉の宿泊先は、この東陽寺、小渕山観音院、名主宅など諸説がある。
近くの市教育センター内の郷土資料館に粕壁宿の200分の1の模型や参考資料が展示されている。

日光御成街道を北へ
岩槻から日光御成街道を北へ向かう。
白岡、宮代、杉戸を通り幸手に入る。
圏央道の下を潜って少し行くと左手にスーパーベルクがある。
入口前の信号の右手から来る道が御成街道と合流する。
これが日光街道の旧道だ。
草加、越谷、春日部、杉戸を通り、この地に至るのである。
芭蕉と曽良はここを通り過ぎる時、御成街道に目を向けたことだろう。
合流地点に案内板がある。
(第61回)
 

風信人の旅 『芭蕉と日光街道』プラス
花二題

桜と火の見櫓(右)
県道65号に東楽園通りが突き当る所の信号近く。
(見沼区大谷のバス停の近く)
(第37回)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. ◆以下のフォームよりお問い合わせ下さい。 [contact-form-7…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。さいたま市の東…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る