路上演奏での出会い〜その2〜 詩人・大野弘紀

「それ、なんていう楽器なんですか?」
 演奏していると色んな人から声をかけられる。
「ハンドパン、て言うんです」と僕は説明する。
 たいていの人は未知の言葉に遭遇して戸惑う。
フライパンなら聞いたことがあるんだけど、て言う人もいる。
手でたたく、スチールだから、ハンド、パン。
この説明であっているのかわからないけれど、曖昧に説明をする。
「指で、こうやって弾くと」やってみせて、ぽん、と音が鳴って「こんなふうに音が出て」次々と叩いてぽんぽん音が鳴って「こんな感じで音が出るんです」と説明すると「へぇ~」「珍しい楽器だね」と感嘆して、ある人は叩いてみて「あ、これ難しい」て言ったり、「ありがとね」なんて言って、また雑踏の中に紛れていく。その一瞬の驚きや喜びが、なんとなく、嬉しい。
そして今日も、いつものように、声をかける人がいた。
「それ、なんていう楽器なんですか?」
 声をかけてきた男性は、名前を聞いて、驚いて、試しに触ってみて、感動して、「隣で聞いて行ってもいいですか?」と僕の隣に座る。
僕はふと思いついて、「せっかくなら、読んでいきますか?」と本を三冊差し出す。
「へぇ、詩集ですか」と興味を持って手に一冊取って、裏返した。
「それ、僕が書いたんですけど、もしよかったら、どうですか?」ともう一度言う。
「え、」とその人は驚いて、間が空いた。
「僕は、演奏家じゃなくて、実は詩人なんです」
〜次回・その3に続く〜

ハンドパン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る