豪雨に見舞われた福岡県朝倉市 避難所内で熱中症

自衛隊が啓開した国道386号

200本あった柿の木は全滅。道具も流され、車も流され、家もやられた。
財布と携帯だけ持って逃げてきた。
美味しい柿だったのに。
みんなに喜んでもらえる柿だったのに―。
今年、平成29年7月の九州北部豪雨。
1時間に129ミリという雨量により、大規模な土砂災害が起きた福岡県朝倉市は果物の宝庫でした。
被災された農家のみなさんは、家や車だけでなく、食べていくための畑も土砂と流木で埋もれ、一瞬にしてすべてを失ってしまいました。
なんとか命をつないで逃れてきた避難所で、今度は真夏の猛暑が待っていました。
最高気温が35度にも達したエアコンのない体育館では、じっと寝ているだけでも熱中症が発生。
また、断水により設置された仮設トイレは、暑さのためにものすごい臭いを放ち、女性はトイレを控えるために水分をあまりとらない傾向がありました。
さらに、洗濯もできないため、避難者は着の身着のまま状態。
特に女性からは「下着の替えがほしい」という要望がありました。
しかし、仮に洗濯ができても、女性の下着を干す場所がありませんでした。
プライバシー確保のため、避難所ではダンボールのついたてなどが作られますが、今回は扇風機の風の通りをよくするため設置されず、全員が丸見えの状態。
特に女性には、つらい避難生活となりました。
さいたま市の避難所となる学校の体育館で、エアコンなどが設置されているところは限られています。
この秋に実施される避難訓練には必ず参加し、自分の目で自分が避難する施設を確認しましょう!
【さいたま市防災アドバイザー・加倉誠】

避難所で理美容、整体をするボランティア

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る