街角ウォッチング 「歴史のまちの路地裏散策」

さいたま市唯一の城下町だった岩槻の市街地には、自転車も通らないような狭い路地裏通りがけっこうあるのをご存知だろうか。
生活用排水路が通っていた箇所を活かして配管を埋設したり、フタをして人が通れるようにした箇所もの多いという。
ふだん通らないような路地裏を歩いてみると、いつもとは違った生活感を感じられる「歴史のまち・岩槻」の風景が見えてくる。
碁盤目のように整備された近年のまちづくりは、防災面や都市効率から見て有効であるが、どこに行っても同じように見えるのはどこか物足りなさも感じられる。
地域の人も見落とすような路地裏通りを活かして、街に住む人たちが四季の花を植えたり統一した生垣にしたりして、街へやって来る人たちの目を楽しませるようなちょっとした工夫をすれば、岩槻の観光にとってひとつの目玉にもなるかもしれない。
地域内での声かけや町内会など、市民単位の連携でも実現可能なようにも思える。
ちょっとした路地裏通りからも入れる形で、人形作りの体験工房やお休み処なども設置して行けるなら、岩槻ならではの楽しみを味わってもらえるし、地域の活性化にも繋がるのではないだろうか。
路地裏通りに面した土地は活用法が見つけられずに空き地になってしまうが、観光客の順路ともなればいろいろな活用方法も考えられるだろう。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る