続「岩槻はどう見える?」 渾身のイラストも集まる!

昨年の弊紙11月号で取り上げた「岩槻がどう見える?」という話題。地図を眺めてみるとさまざまな形に見えるというこで、読者のみなさんからさまざまなご意見をいただきました。
前回は「飛び跳ねているウサギ」に見えるといった意見や、変わり種なところでは「ベビー服を着た赤ちゃん」という意見もいただきましたが、まだまだたくさんのご意見が集まっています。
初めに紹介したいのは、北部を頭や前足として、南部をしっぽや後ろ足に見立てると「トイプードル」に見えるという意見。
そう思うと、何となく岩槻区の形が可愛らしくも見えてきますね。
続いて紹介したいのは「サッカー少年」に見えるという意見。
といっても、意見というより渾身のイラストを送ってくれました。
みなさんからのアイデアが集まり次第、不定期ながら改めて紹介していきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る