犬の話 「犬を見つけた」中編

10万。
この数字は、もしもこの犬が売られていたらするであろう、値段である。
妹が言うには、毛は綿のようだし、行儀もいいし、かわいらしく、素晴らしい犬、ということで、私は犬には詳しくないのだけれど、その小型の犬はプードルらしい。
実家で母の世話になっているその犬は、無邪気にその愛嬌を振りまき、妹がいう行儀のよさで母の心を見事に射抜き、健やかに、ぬくぬくと陽だまりのような穏やかさで、過ごしていた。
一方私は飼い主を見つけるために、チラシを作り、ビラを作り、張り出し、配り、聞き回り、心当たりがないと言われ、くたくたになっていた。
はやく見つかるといいな、と私が頭をなでると「ワン!」と行儀のいい声で犬が足元にすりよる。
「え、」と母親が戸惑った声を出して、私の方も「え、」となった。
「見つかっちゃったら。うちからいなくなっちゃうじゃない」と困惑されて、私は「そうだよ、そのために探しているんだから」と言った。
「せっかくうちに来たのに」と落ち込む母を思いながら、それもこれもこの犬を置いてどこかに行ってしまった飼い主が悪いんだと憤慨して、命を買って飼うということ、命を育てることにどれだけの気合と愛情と見守る人の存在が必要なことかと思い、余計ぐったりした。
「いつになったら見つかるやら」カレンダーを見ると、チラシを張り出してから二週間経っていた。
【大野弘紀】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る