熊本地震 死亡者は断層沿いの家に集中

わずか1個の石垣で  倒壊を免れている  熊本城

2年前の平成28年4月14日と16日に起こった熊本地震。
死亡した50人の家は、そのほとんどが東西に走る断層帯の南北2キロの間に集中していました。
断層沿いの家屋が倒壊したスピードは、防犯カメラの映像を分析したところ全壊までわずか2秒。
まず1階が潰れるため、倒壊した学生アパートでも2階の学生さんは助かっています。
学生たちのアパートはリフォーム済でしたが、耐震補強はされていませんでした。
このことから、命を守るためには家屋の耐震補強がなによりも重要なことがわかります。
コンビニでは缶コーヒーや食品は売り切れているのに、お酒やビールは売れ残っていました。
激しい余震が続くため、いつでも車で避難できるようにお酒を控えた人が多かったからだそうです。
現地では「地震はまるでジェットコースターが真っ逆さまに落ちるような感じで、すぐに停電で真っ暗。
用意していた懐中電灯などもどこかに飛んで行ってしまった。
首から下げて寝たら、寝返りで痛い。
「どぎゃんしたらよか?」と聞かれたので、「旅館などにあるように、柱にネジで固定してください」とアドバイスをしました。
ところで、岩槻でも東北高速道沿いに断層が走っているのをごぞんじでしょうか?
さいたま市には、昭和56年5月31日以前に建築された木造戸建て住宅の耐震診断(無料)と補強工事の助成制度があります。
詳しくは建築総務課企画係まで(電話048・829・1539)
【さいたま市防災アドバイザー・加倉井誠】

1階が潰れた木造家屋
壁掛けタイプが おすすめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る