武州鉄道 その五 ~生きている武州鉄道~ 武州鉄道顕彰会

馬込車站建設碑
昭和60 年頃の「馬込車站建設碑」

武州鉄道は、首都東京との交通運輸の手段として、地域の人々に期待され、鉄道省から赤羽延長線の免許状の下付を受けました。
しかし、金融恐慌・昭和恐慌・日中戦争の経済情勢の中で、省線川口また赤羽への連絡が実現できず営業成績の不振に加え、投機を目的とした東京在住の株主の未払い、銀行の債務回収、政府の補助金打ち切り等により、昭和13(1938)年8月22日に廃止が認可され、同年9月2日には廃止となりました。
車両などは、小名浜臨港鉄道に譲渡されました。
武州鉄道の遺構は、菖蒲町の鉄道敷地や橋脚跡、綾瀬川の橋脚跡、出右川の橋脚跡など年々減り続けています。
現在の東武野田線渋江鉄橋は、武州鉄道と立体交差したなごりです。
また、当時の人々の熱意がこもった「馬込車站建設碑」や「停車場道路工事記念」の石碑を拝見することができます。
しかし、「馬込車站建設碑」は、長年の風雨により往事の面影がありません。
皆様のご指導により復元修理ができればと考えています。
「停車場道路工事記念」の銘文に「(略)枕木ハ朽チル事アルモ我等ノ努力ハ今尚石文」とあります。
武州鉄道のルートは、戦後の国鉄バス誘致運動(新橋・岩槻・蓮田間、民間バス会社の運行により終了)、民鉄新線案として王子・大門間の敷設計画、地下鉄七号線の延長運動などが展開されています。
 平成12年1月27日の運輸政策審議会(答申18号)において「浦和美園から岩槻を経由して蓮田までの区間を平成27年までに開業することが適当な路線」と位置付けられました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る