武州鉄道の歴史〜その四〜 「活躍した蒸気機関車」

武州鉄道で活躍した蒸気機関車は、大正13年5月に雨宮製作所製造のC型タンクロコNO1~3(製造番号三〇〇~三〇二)の三両が入線しましたが、NO3の蒸気機関車は翌年10月に宇佐参宮鉄道へ譲渡されました。
NO1の蒸気機関車は、武州鉄道の営業廃止まで活躍し、昭和13年12月に小名浜臨港鉄道に譲渡されました。
小名浜臨港鉄道で廃車になった後も使用されていましたが、昭和29年3月で使用休止状態になり、昭和33年には現存していませんでした。
NO2の蒸気機関車は、NO1と同じように武州鉄道の営業廃止まで活躍し、昭和13年12月に小名浜臨港鉄道に譲渡されました。
小名浜臨港鉄道で廃車になった後富士機工社に売却後、協三工業で修理し建設省に納入され関東地方建設局江戸川工事事務所に配置され、昭和28年4月ごろまで江戸川改修工事で使用されていました。
車両番号の変遷は次のようになりました。
武州NO1→小名浜NO1→C223→(昭和27年3月廃車)。
武州NO2→小名浜NO2→C224→(昭和24年3月廃車)。
これらのほか鉄道省の形式一一〇〇(NO一一〇九)の20トン級C型タンクロコが美川鉄道に譲渡され、さらに三転して武州鉄道に在籍していました。
試用期間は、統計資料によれば武州鉄道の昭和9年3月現在蒸気機関車の在籍が3両とあります。
しかし、昭和10年11月では在籍2両となっていますので、この頃に処分されたと推定されています。
車両番号の変更はなく武州鉄道でもNO一一〇九のまま走っていたと伝えられています。
【武州鉄道顕彰会・飯山実】

武州鉄道・車両番号の変遷
武州NO1→小名浜NO1→C223 (昭和27年3月廃車)
武州NO2→小名浜NO2→C224 (昭和24 年3 月廃車)
蒸気機関車と社員の人々
蒸気機関車と社員の人々(所蔵・菊地廣氏)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る