岩槻郷土資料館だより19 「徳川家康判物(はんもつ)」

判物とは主君などから与えられる領地関係の証明書であり、この文書では、天正一九年(一五九一)徳川家康が慈恩寺に百石もの領地を寄進していることがわかります。
後北条氏滅亡後、関東に入った家康は、諸城に重臣を配置して領国の掌握と防衛につとめました。
また、入国の翌年にあたる天正一九年に一斉に寺社に領地を寄進しました。
このように将軍から寺領を与えられた寺院は「御朱印寺」と呼ばれ、格式の高い寺院とされました。
この時の朱印状は家康の名前がなく、「福徳」の朱印のみを押印した折紙形式ものが多いようですが、慈恩寺のものは「大納言源朝臣」と署名し、花押が添えられた竪紙形式のもので、県内で最も多い四〇〇石の領地を安堵された鷲宮神社( 久喜市) などと同じ形式が用いられています。
慈恩寺は、平安時代の天長年間(八二四〜八三四)に慈覚大師円仁の創建といわれています。
その後、坂東三十三カ所観音霊場の一つにも加えられ、太田資正の寄進状には慈恩寺に六十六カ所の坊が付属していたことがみられ、中世に大きな勢力をもっていた寺院であったようです。
家康の判物の中には「先規のごとく」とあり、中世以来、もっていた多くの所領を引き続き安堵されたものと思われます。
さいたま市域では、天正一九年の段階で二十数か所の寺社が寺領を受けていたようです。
岩槻区内では、慈恩寺の他に浄安寺、浄国寺、大光寺、金剛院、浄音寺、勝軍寺が朱印状を交付されていました。
なお、郷土資料館で展示している徳川家康の判物は、複製で、実物は慈恩寺に収蔵されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. ◆以下のフォームよりお問い合わせ下さい。 [contact-form-7…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、下記店舗にも設置しており…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る